スポーツ

DeNA宮崎「感覚忘れぬよう」 - 開幕見通せずもルーティンで保つ

 打撃練習するDeNAの宮崎=横浜スタジアム(同球団提供) 拡大

 DeNAの宮崎敏郎内野手は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が見通せない状況の中でもルーティンにしている多種類のトス打撃などを連日続けている。7日、横浜スタジアムで行われた非公開練習でも取り組み「感覚を忘れないよう、一定のリズムで行うことを意識している」と球団を通じてコメントした。

 昨季は左手首付近の影響もあって3年ぶりに打率3割を下回ったが、今春のオープン戦で打率3割6分4厘と完全復活を印象づけた。開幕日が決まらず「モチベーションを保つのは難しいが、プロ野球選手として、いつ始まってもいいように準備したい」とした。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

入園招待券

プレゼント写真
提供元:花の郷滝谷花しょうぶ園
当選者数:10組20人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介