カルチャー

山形の東北絆まつりが1年延期 - 5月末に開催予定、コロナ拡大で

 山形市の佐藤孝弘市長は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、5月30、31日に同市で開催予定だった「東北絆まつり」を1年程度延期すると発表した。東北6県を代表する夏祭りが集結し、東日本大震災からの復興を願うイベントで、今年で4回目だった。

 青森ねぶた祭、盛岡さんさ踊り、仙台七夕まつり、秋田竿灯まつり、山形花笠まつり、福島わらじまつりが参加し、市中心部の約1キロをパレードすることになっていた。見込んでいた来場者数は30万人。

 東北絆まつりは、2011~16年に開かれた「東北六魂祭」の後継行事として、17年から各県持ち回りで開催している。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

入園招待券

プレゼント写真
提供元:花の郷滝谷花しょうぶ園
当選者数:10組20人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介