スポーツ

巨人・吉川尚、40分間振り込む - 腰痛からの復帰目指す

 練習でバットを振り込む巨人の吉川尚=川崎市のジャイアンツ球場(同球団提供) 拡大

 巨人の正二塁手を目指す吉川尚輝内野手が7日、川崎市のジャイアンツ球場で、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため報道陣に非公開で行われた練習に参加し、約40分間バットを振り込んだ。球団広報を通じて「追い込めるうちに追い込みたい。今の時間を無駄にしたくないし、できることをしっかりやるしかない」とコメントした。

 3月下旬に腰の張りを訴えて慎重な調整を続けていた。昨季は開幕戦の先発出場を勝ち取り、11試合で打率3割9分と順調に滑り出しながら、4月に腰を痛めて戦線離脱。復帰できないままシーズンを終えただけに、同じ轍を踏むことは避けたい。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

入園招待券

プレゼント写真
提供元:花の郷滝谷花しょうぶ園
当選者数:10組20人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介