スポーツ

西武の山川、外崎らが捕手練習 - 慣れない動きに悪戦苦闘

 捕手の防具を着けて、下半身強化の練習に取り組む西武の(右から)森、山川、外崎、川越=メットライフドーム(同球団提供) 拡大

 西武の山川穂高内野手、外崎修汰内野手、川越誠司外野手が7日、メットライフドームで自主練習を行い、捕手の練習に挑戦した。股関節の強化などが目的で、防具を着用して森友哉捕手の指導を受けながら、慣れない練習に取り組んだ。

 ワンバウンドしたボールを体で止める練習で山川は「めっちゃきつい。汗がやばい」と悪戦苦闘。内外野を守れる万能選手の外崎も「思うように体が動かなかった」と捕手の動きの難しさを感じたようだった。

 開幕の時期が見通せない中で、工夫して練習を重ねている。山川は「重たい防具を着けてあんな動きをする。捕手はすごい」と感嘆。森は「いい練習になった」と笑った。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

入園招待券

プレゼント写真
提供元:花の郷滝谷花しょうぶ園
当選者数:10組20人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介