スポーツ

ヤクルト、五輪延期で神宮開催へ - 東京ドームから11試合を変更

 手前から国立競技場、神宮第二球場、神宮球場=1月 拡大

 ヤクルトが東京五輪の延期を受け、今季予定していた東京ドームでの主催11試合を本拠地の神宮球場での開催に変更することが7日、分かった。球団幹部は「そういう方向で動いていることは間違いない」と語った。

 神宮球場は東京五輪の資材置き場などで利用されるため、7月7日から9月6日までの計11試合を東京ドームで行うことになっていた。

 東京五輪が1年程度延期となり、来季、神宮球場が使用できない期間が生まれる可能性が高い。球団幹部は、東京ドームで主催試合を行う可能性について「神宮外苑が五輪組織委員会と話して、来年も神宮をそのように使うとなれば、改めて検討する」と話した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

戦後日本美術の展覧会の招待券

白髪一雄「貞宗」1961年 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
提供元:奈良県立美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介