スポーツ

自宅待機のルメールら調教騎乗へ - 渡航帰国後2週間、体調良好

 クリストフ・ルメール騎手=2019年4月 拡大

 日本中央競馬会(JRA)は7日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ドバイ国際競走(中止)の騎乗でアラブ首長国連邦(UAE)に渡航し、帰国後の2週間、自宅待機となっていたクリストフ・ルメール、古川吉洋両騎手の健康状態が良好なため、8日から調教騎乗を再開予定であると発表した。

 また、感染が判明したJRA職員と接触があり、自宅待機中だった藤懸貴志、川須栄彦、岩崎翼の3騎手も、濃厚接触者と認定されていないことから、健康状態が引き続き良好であれば13日から調教騎乗が可能となる。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

戦後日本美術の展覧会の招待券

白髪一雄「貞宗」1961年 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
提供元:奈良県立美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介