スポーツ

サッカー酒井宏樹、350万寄付 - 地元マルセイユの病院などに

 【ジュネーブ共同】サッカーの日本代表DFでフランス1部リーグ、マルセイユに所属する酒井宏樹が、新型コロナウイルス感染拡大で対応に追われるマルセイユの病院などに計3万ユーロ(約350万円)を寄付したと6日、地元メディアが報じた。フランスでは死者が8千人を超えている。

 酒井は病院に2万ユーロ、医療従事者に食事を提供している地元シェフの協会に1万ユーロを支援した。医療従事者へのビデオメッセージで「自分はネイマール(ブラジル)のようなスーパースターではないし、これが十分かも分からないが、できる限りの手助けをしたい」と語ったという。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

入園招待券

プレゼント写真
提供元:花の郷滝谷花しょうぶ園
当選者数:10組20人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介