スポーツ

新大関・朝乃山、マイペースで汗 - コロナ拡大、稽古でき感謝

 朝乃山 拡大

 大相撲の新大関朝乃山が6日、報道陣の電話取材に応じ、東京都墨田区の高砂部屋で四股などの基礎運動や、ウエートトレーニングで汗を流したことを明らかにした。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて夏場所は2週間延期され、7日にも緊急事態宣言の発令が見込まれる。慌ただしい世情の中、マイペースで土台づくりを進め「(練習拠点を失いかねない)他のアスリートに比べ、相撲は部屋で稽古できるので恵まれている」と感謝を口にした。

 本場所への準備期間が延び「とにかく自分の免疫を下げないこと。稽古量や(トレーニングでの)ウエートの重さも徐々に増やしていく」と話した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

戦後日本美術の展覧会の招待券

白髪一雄「貞宗」1961年 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
提供元:奈良県立美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介