スポーツ

巨人の畠がブルペンで約80球 - 右肩故障から復帰目指す

 調整する巨人・畠=川崎市のジャイアンツ球場(球団提供) 拡大

 右肩周辺の肉離れから復帰を目指す巨人の畠世周投手が5日、川崎市のジャイアンツ球場で、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため報道陣に非公開で行われた練習に参加し、ブルペンで約80球の投球練習を行った。2月下旬に肉離れと診断されてから順調に回復し、球団広報を通じて「(球の)出力自体はいい。細かなバランスが崩れると体への負担が大きくなる。そのあたりを注意したい」とコメントした。

 昨季は開幕ローテーションを勝ち取ったが、5試合の登板で0勝1敗、防御率6・89に終わった。4年目の今季に懸ける思いは強く「先発ローテーションに加われるように頑張りたい」と語った。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

戦後日本美術の展覧会の招待券

白髪一雄「貞宗」1961年 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
提供元:奈良県立美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介