スポーツ

日本ハム河野、5四球に2暴投 - 制球難克服できず

 西武との2軍の練習試合に3番手として6回に登板、1回4失点と乱調だった日本ハム・河野=鎌ケ谷 拡大

 ドラフト1位ルーキーが試練の時を迎えている。日本ハムの河野竜生投手(JFE西日本)が26日、千葉県鎌ケ谷市で行われた西武との2軍の練習試合に3番手として六回に登板し、1回を投げて2安打5四球で4失点の乱調だった。「今日出た失敗を次にしないように。反省してやっていきたい」と唇をかんだ。

 登板前から課題に挙げていた制球に苦しんだ。先頭打者を四球で歩かせると「変化球をコントロールできず、真っすぐ一本の配球になった」と言う。本来のリズムを失い、2暴投やパスボールも絡んで打者一巡の猛攻を許し「打たれるならいいが、四球もあるので」と悔しがった。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介