スポーツ

J2長崎の手倉森監督、結束重要 - 11年にJ1仙台を指揮

 取材に応じるJ2長崎の手倉森誠監督=26日、長崎県諫早市 拡大

 新型コロナウイルス感染拡大でリーグの中断が続く中、J2長崎の手倉森誠監督が26日、長崎県諫早市内で取材に応じ、J1仙台監督として経験した2011年の東日本大震災を踏まえ「心待ちにしている人の思いをくんだ人間がいかにまとまるかが大事」と話した。

 クラブハウス損壊などの被害を受けた11年の仙台は3月29日に練習を再開し、関東合宿などで調整。手倉森監督はサポーターを含めた一体感を呼びかけ、その年に4位、翌年にはクラブ史上最高の2位に導いた。

 当時と異なる状況で「モチベーションを保つのが難しいが、粛々と準備を続けている」と語った。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介