国内

人種など差別禁止の条例成立 - 東京・狛江、セクハラも

 人権尊重基本条例が可決、成立した東京都狛江市議会=26日午後 拡大

 前市長がセクハラ問題を起こし辞職した東京都狛江市で26日、人種や出身、障害、性別を理由とした差別を禁止する人権尊重基本条例が市議会の全会一致で可決、成立した。セクハラやパワハラ、いじめや虐待も禁止事項に入れたのが特色だ。罰則規定はないが市に救済措置を取るよう義務付け、7月から施行する。

 救済措置のほか、子どもへの教育や市長の諮問機関設置、市民活動への人的・財政的支援を盛り込んだ。今後は施策の実効性が課題となる。

 狛江市では、複数の女性職員へのセクハラ問題が発覚した前市長が2018年に辞職し、再発防止のため人権条例制定が議論されていた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介