スポーツ

50キロ競歩で五輪代表を選考へ - 陸連が計画通り実施

 日本陸連の麻場一徳強化委員長は26日、東京都内で取材に応じ、4月12日の日本選手権50キロ競歩(石川県)を東京五輪の代表選考会として計画通り実施する方針を明らかにした。五輪の1年程度の延期を受け、世界陸連から今後示される五輪の参加資格要件を満たすことが前提だが、日本陸連の定めた条件を突破すれば、予定通り代表となる。

 50キロ競歩の代表は残り1枠で、昨秋の世界選手権覇者の鈴木雄介(富士通)と川野将虎(東洋大)が代表に決定済み。麻場委員長は「(代表に)決まっている権利を取り上げることは、絶対にしない」と述べた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介