スポーツ

西武・森、あえて考えないように - 開幕不透明な状況に

 キャッチボールする西武・森=メットライフドーム 拡大

 西武の森友哉捕手は新型コロナウイルス感染拡大の影響でシーズン開幕が大幅に延期される中、自然体を貫いている。来月24日開幕を目指すことは決まっているが、先行きは不透明な状況。26日、本拠地メットライフドームで全体練習に参加し「今は何にも気持ちを入れていない」と、あえて考えないようにしているという。

 開幕は早くても1カ月近く先になる。「体の状態や切れをキープしながら、気持ちをちょっと落ち着かせている」と慌てず調整を続ける構えだ。

 昨季、パ・リーグ最優秀選手(MVP)に選ばれた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介