スポーツ

大谷、今季中止でも年俸の調停権 - MLB、選手会と合意か

 ブルペンで投球練習するエンゼルス・大谷=11日、テンピ(共同) 拡大

 【ロサンゼルス共同】米大リーグの選手は新型コロナウイルス感染拡大のため今季が中止となった場合でも、昨季と同じ登録日数を得られるようにすることで、大リーグ機構と選手会が合意する見込みと25日、AP通信が報じた。

 年俸調停やフリーエージェント(FA)は通算の登録日数で決まる。エンゼルスの大谷翔平はメジャー3年目の今季で規定を満たし、オフに年俸調停の権利を獲得することになる。年俸はここまでメジャー最低保障額(今季は56万3500ドル=約6300万円)程度だったが、来季は大きな契約が可能となる。

 ドジャースの外野手ベッツらは、今季終了後にFAとなる。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介