スポーツ

少年野球連盟がグラウンド開放 - 運動不足を屋外で発散、川崎

 開放されたグラウンドで野球をする子どもたち=21日、川崎市麻生区 拡大

 川崎市麻生区の少年野球連盟がこのほど、新型コロナウイルスの感染拡大による休校やスポーツ自粛で運動不足になりがちな子どもたちに体を動かす場を提供するため、区内2カ所のグラウンドを開放した。

 政府の要請を受け、川崎市立の小中高校が4日から休校に入ったことに伴い、同連盟もチームでの活動を自粛していた。安倍晋三首相が14日の記者会見で体調管理のため屋外での運動が必要との認識を示したことを踏まえ、感染予防策を講じた上でグラウンドを提供することを決めた。

 過密状態を避けるため一度にグラウンドに入るのは30人程度とし、参加前の検温と保護者の承諾を義務付けた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介