カルチャー

鹿児島・奄美大島で海開き - 新型コロナで規模縮小

 海開きされた鹿児島県・奄美大島=26日 拡大

 鹿児島県・奄美大島で26日、海開きがあり、神事を執り行って海の安全を祈願した。新型コロナウイルスの感染を警戒して初泳ぎなどは中止し、神事の参加者も例年の半分程度にとどまった。

 島内では旧暦3月3日の桃の節句に合わせて海開きをするのが習わしで、浜辺では女児の足を海水につける母親の姿も。奄美大島出身で、生後1カ月の長女さくらちゃんを抱いた山口県の主婦中野みなみさん(30)は「すくすくと優しい子に育ってほしい」と願った。

 海開きの規模縮小は初めてといい、リゾート会社社長(72)は「主役の子どもたちの歓声が聞けなくて寂しい」と残念そうに話した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介