国内

代理出金のトラブル防げ - 全銀協、認知症増加で注意

 認知症になった人の代理として家族が銀行預金の出金を求めるケースが相次ぎ、金融機関が対応に苦慮している。本人以外の申し出は断るのが原則で、特別に応じても別の家族から苦情が寄せられるなどトラブルになる恐れがあるためだ。認知症の増加が見込まれる中、問題を未然に防ぐため、全国銀行協会は26日、預金者に注意を促すチラシを全国の銀行に配布した。

 高島誠会長(三井住友銀行頭取)は「銀行員は認知症の専門家ではなく、各行が試行錯誤しているのが実態だ」と話す。全銀協は銀行界で統一した対応ができるよう指針づくりも進める考えだ。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介