国際

コロナ呼称でG7共同声明出せず - 米は「武漢ウイルス」に固執

 25日、米ワシントンで記者会見するポンペオ国務長官(ロイター=共同) 拡大

 【ワシントン、ニューヨーク共同】先進7カ国(G7)各国の複数のメディアは25日、G7外相による同日のテレビ電話会議で、ポンペオ米国務長官が新型コロナウイルスを「武漢ウイルス」と呼ぶことにこだわり、他国が不必要な分断を招くと反対し、共同声明をまとめることができなかったと伝えた。

 トランプ米政権は、新型コロナが米国などに広がった原因は中国にあると強調するために「武漢ウイルス」などと呼んでいる。報道が事実なら、米政権の強硬姿勢が新型コロナ対応でG7の結束に影響したことになる。

 米紙によると、他のG7外相は、国際協力が必要として、武漢ウイルスの呼称を拒否した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介