スポーツ

W杯ジャンプ個人、小林陵は2位 - クラフトが優勝

 1回目の飛躍を終えた小林陵侑=バートミッテルンドルフ(共同) 拡大

 【バートミッテルンドルフ(オーストリア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は16日、オーストリアのバートミッテルンドルフでフライングヒルによる個人第21戦(ヒルサイズ=HS235メートル)が行われ、小林陵侑は242・5メートルの231・9点で2位だった。強風の影響で2回目の途中で中止となり、1回目だけの成績で争った。

 シュテファン・クラフト(オーストリア)が230メートルの232・6点で今季3勝目、通算19勝目を挙げた。小林潤志郎は19位、竹内択は30位、中村直幹は35位。佐藤幸椰はスーツの規定違反で失格となった。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介