スポーツ

スケート、男子団体追い抜きが銀 - 世界距離別、高木美帆は3位

 男子団体追い抜きで2位となった日本。前から一戸誠太郎、ウイリアムソン師円、土屋陸=ソルトレークシティー(共同) 拡大

 【ソルトレークシティー共同】スピードスケートの世界距離別選手権第3日は15日、米ソルトレークシティーで行われ、男子団体追い抜きで一戸誠太郎、土屋陸、ウイリアムソン師円の日本が日本記録を0秒67更新する3分36秒41で初の表彰台となる銀メダルに輝いた。オランダが3分34秒68の世界新で優勝した。

 女子1000mは高木美帆が1分12秒34で3位となり、小平奈緒は1分12秒86で6位。ユタ・レールダム(オランダ)が1分11秒84で頂点に立った。

 男子1000mは山田将矢が自らの日本記録を0秒31塗り替える1分7秒03で5位に入った。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介