カルチャー

「公認日本語教師」創設へ - 国家資格化、専門家が提言

 外国人らに日本語を教える日本語教師について、国の文化審議会の小委員会は14日、大学卒業や試験の合格、教育実習の履修などを条件に「公認日本語教師」の国家資格を与えるとの報告書案をまとめた。今後、国語分科会での議論を踏まえ、さらに検討を進める。

 国内の日本語学校で教えるには現在、大学で所定の単位を取るなど出入国在留管理庁が定めた要件を満たす必要があるが、教師としての資質や能力を証明する公的資格はない。

 日本で暮らす外国人が増えるなど教師の需要が高まる一方、能力のばらつきが指摘されてきた。給与は低水準で、劣悪な待遇も問題視される。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

海外旅行またはビスケットセット

プレゼント写真
提供元:全国ビスケット協会
当選者数:2280人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介