国内

大阪IR、事業者の応募1組のみ - 米MGMとオリックスの共同体

 取材に応じる大阪府の吉村洋文知事=14日午後、大阪府庁 拡大

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を巡り、大阪府と大阪市が実施する事業者公募の書類審査の申し込みが14日締め切られた。吉村洋文知事は、応募したのは米カジノ大手MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの共同事業体1組のみだったと明らかにした。

 府市は今後、MGM・オリックスだけを対象に事業者選定の審査を実施することになる。競争性が働かないとの懸念もあるが、吉村氏は記者団に「(IR事業の質に)影響はない」と述べた。

 府市は大阪湾の人工島・夢洲を予定地として、昨年12月に公募手続きを開始。2026年度までの全面開業などを条件として示している。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

海外旅行またはビスケットセット

プレゼント写真
提供元:全国ビスケット協会
当選者数:2280人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介