スポーツ

プロスポーツ協会に改善を命令 - 内閣府、組織運営に問題と

 内閣府は14日、「日本プロスポーツ大賞」を主催する公益財団法人日本プロスポーツ協会に対し、評議員の人選が不適切で組織運営に問題があるとして、公益認定法に基づく命令を出した。体制の不備を改善した上で、26日までに内閣府に報告するよう求めた。

 内閣府は昨年11月、評議員が理事を監督する本来の役割を果たしていないため、人選を見直すよう勧告を出した。しかし、同協会は新たな評議員を選任できず、十分な対応ができていない。

 同協会はプロスポーツ界で活躍した選手や団体を毎年12月に表彰する日本プロスポーツ大賞の開催を主な事業とするが、昨年の表彰は延期した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

海外旅行またはビスケットセット

プレゼント写真
提供元:全国ビスケット協会
当選者数:2280人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介