カルチャー

余命延びると年金抑制 - 企業確定給付、21年度にも開始

 企業が掛け金を運用し、老後の給付額があらかじめ約束されている終身年金に関し、厚生労働省が、平均余命の延びに応じ一人一人の給付額を抑える仕組みを導入する方向で検討していることが14日、分かった。2021年度にも始める。

 終身年金は、企業が掛け金を運用して給付額を保証する「確定給付年金」の一形態。受け取る人が長生きすれば、企業にとって負担増につながる。それを理由に企業が、公的年金を補完するこの制度をやめてしまうと、受給者の生活に影響する恐れもある。このため、企業の負担に配慮して、制度を続けやすくする。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

海外旅行またはビスケットセット

プレゼント写真
提供元:全国ビスケット協会
当選者数:2280人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介