国内

東芝子会社で架空取引435億円 - 「組織的関与なし」と公表

 子会社の架空取引を謝罪する東芝の豊原正恭執行役専務(中央)ら=14日午後、東京都港区 拡大

 東芝は14日、子会社の東芝ITサービス(川崎市)が架空取引に関与していた問題の調査報告書を公表した。2015年11月~19年7月に計26件の架空取引があり、合計435億円の売上高が過大計上されていたと認定。ただ架空取引を主導したのは別のIT会社で、子会社で担当していた部長が不正を認識していた証拠はなく、組織的な関与もなかったとした。

 東芝はパソコンや半導体など事業で会計不正が発覚した15年以降、法令順守の強化に取り組んできたが、新たな問題が発覚したことで信頼回復が揺らぐ事態になっていた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

海外旅行またはビスケットセット

プレゼント写真
提供元:全国ビスケット協会
当選者数:2280人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介