国内

同居男性「槙原容疑者の薬物」 - 警視庁に説明

 覚せい剤取締法違反などの疑いでシンガー・ソングライター槙原敬之(本名・範之)容疑者(50)=東京都渋谷区=が逮捕された事件で、2018年春に東京都港区のマンションで見つかった違法薬物について、当時同居していた所属事務所関係者の男性(43)が「槙原容疑者のものだと思う」という趣旨の話をしていたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁組織犯罪対策5課は13日に東京都渋谷区の事務所を家宅捜索し、押収物を詳しく調べている。

 男性は、このマンションで覚醒剤を所持したなどとして18年春に起訴され、有罪判決を受けた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

海外旅行またはビスケットセット

プレゼント写真
提供元:全国ビスケット協会
当選者数:2280人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介