カルチャー

かまくらの明かり、雪景色彩る - 秋田・横手で撮影会

 幻想的な明かりがともったかまくら=14日夕、秋田県横手市 拡大

 秋田県横手市で約450年続く冬の伝統行事「かまくら」が行われるのを前に14日、撮影会が開かれた。かまくらにともる幻想的な明かりが雪景色を彩り、訪れた人を魅了した。

 かまくらは高さ約3メートル、直径約3・5メートルで、大人4、5人が入れる大きさ。中では、はんてん姿の地元の子どもたちが火鉢を囲んで餅や甘酒を楽しみ、集まった観光客が笑顔で撮影していた。

 かまくらは水神を祭る伝統行事で毎年2月15、16日に開催。今年は暖冬による雪不足の影響で規模を縮小し、例年の6割となる50基程度のかまくらが市内に設置される。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

海外旅行またはビスケットセット

プレゼント写真
提供元:全国ビスケット協会
当選者数:2280人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介