カルチャー

JR東、大型バスで自動運転実験 - 宮城の気仙沼線BRT専用道で

 BRT専用道で公開された、大型バスの自動運転の実証実験=14日、宮城県登米市 拡大

 JR東日本は14日、気仙沼線陸前横山駅(宮城県登米市)周辺のバス高速輸送システム(BRT)専用道で、大型バスの自動運転の実証実験を報道陣に公開した。気仙沼線は東日本大震災の津波で被災し、一部区間をBRTで運行しているが、運転手不足が課題。解消に向けた技術開発を目指している。

 バスは路上に設置した磁気マーカーをセンサーで読み取り、運転手が手を離したまま、トンネル区間を含む約4・8キロを最高時速約60キロで走行した。路上の障害物を検知しての一時停止や、対向車とのすれ違いも試し、JR東は「実際の運行に近づけた」としている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

海外旅行またはビスケットセット

プレゼント写真
提供元:全国ビスケット協会
当選者数:2280人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介