カルチャー

新型肺炎、医師らの検査続く - 和歌山の済生会有田病院

 済生会有田病院に張り出された、接触者外来設置を知らせる文書(下)などを見る人=14日午後、和歌山県湯浅町 拡大

 和歌山県湯浅町の済生会有田病院に勤める50代の男性外科医と、外来受診した70代の男性患者が新型コロナウイルスに感染した問題で、県は14日午後も、病院の医師や受診者などのウイルス検査を進めた。

 県によると、検査を受けているのは、同じ外科の別の男性医師、内科を受診した患者の男性と70代女性で、いずれも肺炎の症状が出た。女性は13日の検査で陰性だったが再検査した。このほか、外科医の同僚など、濃厚接触があったと思われる人たちからも検体を集め、検査している。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介