国際

仏ルノー10年ぶり赤字 - 約168億円、日産の不振響く

 フランス北部ランスにある自動車販売店の日産自動車(左)とルノーの看板=2019年7月(ロイター=共同) 拡大

 【ブローニュビヤンクール(パリ近郊)共同】フランス自動車大手ルノーが14日発表した2019年12月期決算は、純損益が1億4100万ユーロ(約168億円)の赤字となった。赤字転落はリーマン・ショック後の09年12月期以来10年ぶり。出資する日産自動車の販売が日米など主力市場で不振に陥り、ルノーへの利益貢献が落ち込んだ。

 売上高は前期比3・3%減の555億3700万ユーロ。ルノー単体の販売も振るわなかった。

 電気自動車(EV)などの開発競争が激しくなる中、同業他社は経営統合を含めた強化策を進めており、ルノーや日産でつくる企業連合は立て直しが急務となる。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「みやびの色と意匠」展の招待券

「狩衣 紫地鶯丸文様」江戸時代(19世紀)
提供元:奈良県立美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介