主要

死亡警察官を書類送検、広島 - 8572万円窃盗の疑い

 記者会見で謝罪する広島県警の鈴木信弘本部長=14日午後、広島市 拡大
 広島中央署 拡大

 広島中央署で2017年に特殊詐欺事件の証拠品として保管されていた現金8572万円が盗まれた事件で、広島県警は14日、窃盗などの疑いで、事件後に死亡した脇本譲警部補=当時(36)=を容疑者死亡のまま書類送検した。

 県警の鈴木信弘本部長は記者会見で「警察署で多額の現金が盗まれたことや、職員の犯行について誠に申し訳なく思う」と謝罪。17年5月の事件発覚から約2年9カ月を経て捜査が終結した。

 書類送検容疑は17年3月26日ごろ、広島中央署1階にある会計課へ侵入し、金庫から現金8572万円を盗んだ疑い。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

海外旅行またはビスケットセット

プレゼント写真
提供元:全国ビスケット協会
当選者数:2280人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介