国際

WTO改革巡りダボスで閣僚会合 - 紛争処理機能の回復焦点

 WTOの非公式閣僚会合を終え、記者会見するアゼベド事務局長(右)=24日、スイス東部ダボス(共同) 拡大

 【ダボス共同】世界貿易機関(WTO)の非公式閣僚会合が24日、スイス東部ダボスで開かれた。WTOは常設上訴機関の上級委員会のメンバーが米国の反対で補充ができない状況が続いており、紛争処理機能の回復に向けた方策など、制度改革を巡る議論が焦点となった。

 35カ国・地域が会合に出席。アゼベドWTO事務局長は終了後の記者会見で、紛争処理を巡る改革が「喫緊の課題」と指摘。6月に2年半ぶりに開かれる閣僚会合に向け、水産資源の乱獲につながると指摘されている漁業補償金の問題の解決などについて、結論が出ることに期待した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「大倉陶園100年の歴史と文化」展の招待券

貴賓用特別食器揃(満州国皇帝溥儀を迎えるに際し製作) 1935年 奈良ホテル蔵
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介