国際

対EU協定、大統領選前に - 車関税「早い時期」に判断

 記者会見するトランプ米大統領=22日、スイス・ダボス(ロイター=共同) 拡大
 スイス・ダボスで会談するEUのフォンデアライエン欧州委員長(左)とトランプ米大統領=21日(ロイター=共同) 拡大

 【ダボス共同】トランプ米大統領は22日、スイス・ダボスで記者会見を開き、11月の大統領選前までに欧州連合(EU)との貿易協定を締結できるとの見方を示した。協議が不調に終わればEUから輸入する自動車に高関税を課す方針を改めて示し「(発動判断の)日程は私の頭の中にある。それはかなり早い時期だろう」と述べ、EU側の交渉引き延ばしをけん制した。21日にはEUのフォンデアライエン欧州委員長と会談した。

 トランプ氏は22日、米メディアに対し、自動車関税は「25%」にする意向を示した。最大の懸案事項だった中国と部分合意に達し、欧州に照準を切り替えた形だ。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

奈良の味のポテトチップス

プレゼント写真
提供元:カルビー
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介