カルチャー

新型肺炎、中国の死者6人に - 3百人発症、封じ込め難航

 中国の新型肺炎の感染状況 拡大
 中国湖北省武漢市の鉄道駅で行われている利用客の体温検査=21日(共同) 拡大

 【北京共同】中国湖北省武漢市当局は21日、新型コロナウイルスによる肺炎で男性(66)と女性(48)が20日に死亡し、死者が計6人になったと発表した。肺炎発症者も新たに確認され、中国国内で300人近くに増えた。当局は武漢市からの団体旅行を休止するなど対策を急ぐが、封じ込めは難航。日本政府は春節(旧正月)の連休(24~30日)で中国人の訪日が増えるのを前に水際対策の強化を図る。

 WHO西太平洋地域事務所(マニラ)は21日、ツイッターで「持続的な人から人への感染があるとみられる」と発表。感染がどの程度拡大するかを検証するため、中国側との連携を継続するとした。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介