カルチャー

潰瘍治療用の人工タンパク質開発 - 京大、患部に貼り付け

 スポンジ状の人工タンパク質 拡大

 深い傷が長期間ふさがらない「難治性皮膚潰瘍」の患部に貼り付けて治療するスポンジ状の人工タンパク質を開発したと、京都大や三洋化成工業(京都市)のチームが21日、発表した。

 現場の医師が主体となる医師主導治験で6人の患者を対象に安全性を既に確認。今年中に三洋化成工業が中心となる企業治験で有効性を調べ、新たな治療法として2022年度中に医療機器としての承認取得を目指す。

 チームは、カイコが産生する繊維状のタンパク質や人の組織を構成する線維からできた「シルクエラスチン」という素材を利用。人体に用いやすいようにこれをスポンジ状に加工した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介