国内

パナ、2月に新型電子黒板を発売 - 教師の声聞き操作性向上

 パナソニックが発表した電子黒板の新製品。教師の声を取り入れ、使い勝手を良くした=17日、大阪府門真市 拡大

 パナソニックは17日、小中高校で使われる「電子黒板」の新製品を2月に発売すると発表した。現場で働く教師の意見を聞き、画面を分割して複数の教材を同時表示する機能を加えるなど操作性を向上。画面には高精細の4K液晶パネルを採用した。同社は使い勝手の良さをアピールし販売拡大を目指す。

 電子黒板の名称は「ジョインボード」。65型と75型の2種類があり、想定価格はそれぞれ66万円と154万円。画面分割により、教科書を表示しながら、その横に生徒の回答などを簡単に映すことが可能だ。背面に搭載していたスピーカーを前面に移し、動画の音声などを聞き取りやすいように改善もした。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「大倉陶園100年の歴史と文化」展の招待券

貴賓用特別食器揃(満州国皇帝溥儀を迎えるに際し製作) 1935年 奈良ホテル蔵
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介