国内

羽田新ルートの騒音データ公開へ - 国交省が都心など18カ所測定

 国土交通省は17日、東京都心を通過する羽田空港の新飛行ルートに関し、運航中の旅客機を活用した「実機飛行確認」の際、計18カ所で騒音を測定すると発表した。実機確認は今月30日から3月11日の間に実施され、データはホームページで公表する。新ルートは3月29日が運用開始で、同省は情報公開で騒音への懸念を払拭したい考えだ。

 国交省によると、18カ所は新宿、渋谷、品川、大田各区など都内15カ所と川崎、さいたま、埼玉県川口各市に1カ所。翌日には、最大の騒音レベルを東京航空局のホームページに出し、3日後には自動車など航空機以外の騒音を除いた詳細データを公表する。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

奈良の味のポテトチップス

プレゼント写真
提供元:カルビー
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介