国内

東証、午前終値2万4050円 - 米国株上伸、円安好感で大台回復

 17日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸した。最近の米国株上伸や円安ドル高を好感する買い注文が先行した。一時上げ幅が200円に迫り、3日ぶりに2万4000円の大台を回復した。取引時間中として2018年10月以来、約1年3カ月ぶりの高値を付けた。

 17日公表の中国の主要経済統計は、ほぼ想定内と受け止められ、荒い値動きにはならなかった。

 午前終値は前日終値比117円03銭高の2万4050円16銭。東証株価指数(TOPIX)は6・80ポイント高の1735・52。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

山本二三展の招待券

天空の城ラピュタ「荒廃したラピュタ」 1986年 (C)1986 Studio Ghibli
提供元:佐川美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介