国内

大阪医大の元講師を逮捕 - 無許可で再生医療の疑い

 大阪府高槻市の大阪医大 拡大
 大阪府警本部に入る伊井正明容疑者(中央)=15日午前9時 拡大
 伊井正明容疑者(本人のフェイスブックから) 拡大

 国の許可が無い施設で、再生医療を目的に脂肪幹細胞を培養したとして、大阪府警は15日、再生医療安全性確保法違反の疑いで大阪医大(大阪府高槻市)元講師の医師伊井正明容疑者(52)と、製薬会社元従業員の男(62)を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。府警は伊井容疑者が自身の研究成果を人体で試そうとした可能性があるとみて調べる。

 捜査関係者によると、2人は共謀して2019年春ごろ、厚生労働相の許可を得ていない大学の研究施設で、再生医療目的で患者の脂肪幹細胞を採取、培養した疑いが持たれている。

 府警はこれまで大阪医大や共同研究予定の製薬会社などを家宅捜索した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「ちびまる子ちゃん展」の招待券

30周年記念 限定アート(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
提供元:美術館「えき」KYOTO
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介