主要

中東情勢悪化回避で一致 - 日米防衛相、情報共有も

 エスパー国防長官(左)と米国防総省で共同記者会見に臨む河野防衛相=14日、ワシントン(AP=共同) 拡大

 【ワシントン共同】訪米中の河野太郎防衛相は14日(日本時間15日)、エスパー国防長官とワシントン近郊の国防総省で会談した。米国とイランが対立する中東情勢を巡り、事態のさらなる悪化を避けるべきだとの認識で一致。河野氏は海上自衛隊の中東派遣について説明し、会談後の共同記者会見で「米国との情報共有は当然だ。緊密に連絡を取りたい」と表明した。

 日本政府は中東・ホルムズ海峡の安全確保を目的とする米国主導の有志連合に参加しない。河野氏は会談で、日本として中東の緊張緩和に向けて粘り強く外交努力を続ける考えを伝達。エスパー氏は、中東派遣に謝意を示した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介