カルチャー

門司港の旧JR本社、ホテルに - 日本遺産、旅行者増の起爆剤狙い

 北九州市門司区の「旧JR九州本社ビル」=2019年12月 拡大

 北九州市の観光名所の門司港レトロ地区にあり、日本遺産の構成文化財となっている1937年建設のビル「旧JR九州本社ビル」がホテルに改装されることが15日、分かった。北九州市によると2021年夏ごろに完成予定で、90~100室規模の客室を設け、レストランやカフェベーカリーを併設する。事業費は30億円の予定。

 門司港地区への18年の観光客は延べ約218万人に上っており、市は旅行者を上積みする起爆剤にしたい考えだ。JR門司港駅に隣接しており、市は「玄関口である駅の隣にできるので、街の新たな顔としてにぎわいづくりに一役買ってほしい」と期待を込める。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「ちびまる子ちゃん展」の招待券

30周年記念 限定アート(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
提供元:美術館「えき」KYOTO
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介