主要

五輪2次抽選は90万枚販売 - 売れ残り50万枚は春以降に

 東京五輪のチケット2次抽選販売開始のイベントで使われたボード=2019年11月13日、東京都中央区 拡大

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は14日、五輪のチケット2次抽選販売で約90万枚を販売したと明らかにした。販売対象としたのは約140万枚。組織委によると、1次抽選よりは申し込みが分散したものの、依然メダルの懸かったセッション(時間帯)に人気が集中する傾向があり、売れ残った約50万枚は春以降の販売に回す。今後の販売予定枚数の規模については明らかにしなかった。

 約223万人が申し込み、1枚でも当選した人の数は約31万人。開閉会式や陸上、体操、水泳などは引き続き申し込みが多く、今回はラグビー7人制やホッケーも関心が高かったとしている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

マンモス展の招待券

「ユカギルマンモス」(頭部冷凍標本)特別重要文化財(ロシア連邦)
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介