カルチャー

カンヌ映画祭審査員長にリー監督 - アフリカ系米国人で初、5月開幕

 スパイク・リー監督(ロイター=共同) 拡大

 【ストラスブール(フランス)共同】フランスの南部カンヌで5月12~23日に開かれる第73回カンヌ国際映画祭の事務局は14日、審査員長に映画「ドゥ・ザ・ライト・シング」などで知られる米国の映画監督スパイク・リー氏を任命したと発表した。

 カンヌ映画祭でアフリカ系米国人が審査員長を務めるのは初めて。リー氏は声明で「私の監督としてのキャリアにも大きな影響を及ぼした」とコメントした。

 リー氏は米国内の人種差別を描いた「ドゥ・ザ・ライト・シング」が、1989年に初めてコンペティション部門に選ばれた。「ブラック・クランズマン」で2018年に審査員特別大賞を受賞した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「天誅組紀行」

プレゼント写真
提供元:天誅(忠)組記念館奈良分館
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介