主要

米、中国の「為替操作国」解除 - 貿易合意の署名控え

 100ドル札(左)と100元札=2016年1月、北京(ロイター=共同) 拡大

 【ワシントン共同】米財務省は13日、主要な貿易相手国・地域の通貨政策を分析した外国為替報告書を公表し、中国の「為替操作国」認定を解除した。米中両政府が15日に署名する「第1段階」の貿易合意に、人民元の切り下げを控える条項を盛り込んだことを評価した。両国の対立緩和の要因になりそうだ。日本や中国など10カ国を通貨政策の「監視対象」に指定した。

 トランプ米政権は貿易摩擦が激化する中で昨年8月、自国通貨を安値に誘導しているとして1994年以来、25年ぶりに中国を為替操作国に認定。人民元が対ドルで約11年ぶりの水準に下げたのを理由としていた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「大倉陶園100年の歴史と文化」展の招待券

貴賓用特別食器揃(満州国皇帝溥儀を迎えるに際し製作) 1935年 奈良ホテル蔵
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介