主要

エリザベス女王、王子の独立容認 - 新生活実現へ「移行期間」

 英国のエリザベス女王(ロイター=共同) 拡大
 英王室のヘンリー王子(右)と妻メーガン妃=7日、ロンドン(ゲッティ=共同) 拡大

 【ロンドン共同】英王室のヘンリー王子(35)夫妻が主要公務から引退する意向を示した問題で、祖母に当たるエリザベス女王(93)は13日に声明を発表し、「より独立した生活」を目指すとした王子一家の望みを「理解、尊重する」とし、容認する考えを表明した。

 王室からの財政負担のあり方や王子一家の警備など複雑な課題を抱えるため、新生活が正式に始まるまでの「移行期間」を設ける方針も明らかにした。期間は不明だが、その間の夫妻のカナダ滞在も認める考え。今後の主な対応や方針については数日以内の最終決着を目指すとした。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

山本二三展の招待券

天空の城ラピュタ「荒廃したラピュタ」 1986年 (C)1986 Studio Ghibli
提供元:佐川美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介