主要

中国のアジア投資銀、日本人登用 - 経験吸収、日米加盟へ布石か

 中国北京市で建設中のアジアインフラ投資銀行の建物=2019年5月(ロイター=共同) 拡大

 中国が設立を主導した国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)が、日本の政府系金融機関に勤務していた日本人男性を今月から採用したことが13日、分かった。国際融資の経験が豊富な男性からノウハウを吸収することを期待しているとみられる。複数の国際金融筋が明らかにした。AIIBには、米国と同様に加盟を見送っている日本から積極的に人材登用することで、将来的な加盟に向けて布石を打つ狙いもありそうだ。

 採用された日本人男性は国際協力銀行(JBIC)でアジアの新興国のインフラ事業に融資する業務に携わり、昨年に中途退職。北京のAIIB本部で年明けから勤務を始めた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「大倉陶園100年の歴史と文化」展の招待券

貴賓用特別食器揃(満州国皇帝溥儀を迎えるに際し製作) 1935年 奈良ホテル蔵
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介