国際

ユネスコ、人種差別と登録抹消 - 文化遺産のベルギーのカーニバル

 ベルギー北部アールストで開かれたカーニバルに参加する人々=2013年2月(AP=共同) 拡大

 【マドリード共同】コロンビア・ボゴタで開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ、本部パリ)政府間委員会は13日、ベルギー北部アールストのカーニバルに関し無形文化遺産の登録抹消を決めた。今年の山車の一つが反ユダヤ主義的で人種差別だと批判されていた。ユネスコの無形文化遺産で登録抹消は初めて。

 起源は中世にさかのぼるアールストのカーニバルは2010年に無形文化遺産に登録された。風刺を込めた山車やパフォーマンスの披露で知られるが、今年3月に行われた際、もみあげを伸ばした正統派ユダヤ教徒の足元に金銭の入った袋を置いた山車が出て、ユダヤ人らから強い批判を浴びた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カスタムカーイベントの招待券

昨年の「大阪オートメッセ2019」の会場風景
提供元:オートメッセ事務局
当選者数:10組20人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介