主要

公的年金、来年度0・2%増額へ - 政府が試算、賃金・物価上昇で

 2020年度に支給される公的年金額は0・2%引き上げられる見通しだと政府が試算していることが13日、分かった。賃金と物価の上昇が理由だが、年金財政を維持するため賃金と物価の伸びより年金額を低く抑える「マクロ経済スライド」と呼ばれる仕組みが実施され、実質的な価値は目減りする。マクロ経済スライドの実施は本年度に続き2年連続で、通算で3回目。

 現在、国民年金は保険料を40年間納めた満額で月6万5008円、厚生年金は平均的な給与で40年間働いた夫と専業主婦のモデル世帯で月22万1504円。0・2%伸びるとそれぞれ130円、443円程度増える計算になる。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カスタムカーイベントの招待券

昨年の「大阪オートメッセ2019」の会場風景
提供元:オートメッセ事務局
当選者数:10組20人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介