国際

米上院もトルコの虐殺認定 - アルメニア人巡り決議

 【ワシントン共同】米上院は12日、オスマン帝国末期の1915年に始まったアルメニア人殺害事件を「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と認定する決議案を全会一致で可決した。下院も10月下旬に同様の決議をしており、虐殺と認めない後継国トルコの反発は必至、両国関係はさらにぎくしゃくしそうだ。

 上院の決議は下院と同様、オスマン帝国が15~23年に150万人を虐殺したと指摘。虐殺を否定する言動に反対し、教育を通じて虐殺の事実に対する理解促進に努めるとしている。

 米トルコ関係は、トルコがNATO加盟国にもかかわらずロシア製ミサイルを導入したことなどを巡り悪化した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カスタムカーイベントの招待券

昨年の「大阪オートメッセ2019」の会場風景
提供元:オートメッセ事務局
当選者数:10組20人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介